アラフォーでニートになりました。

アラフォーで会社を辞めさせられ、未来が見えないニートが奮闘したりしなかったりするブログです。

楽天ウェブ検索、ポイント山分けの口数を簡単に稼ぐ方法

楽天ウェブ検索のトップ画面

楽天カードを持っていたり、楽天ポイント関連のものを利用している人は既にご存知だとは思いますが、「Rakutenウェブ検索」という検索エンジンがあります。

楽天ポイントと連携して使用すればするほどポイントの山分けが貰える、楽天ポイントを利用している人なら是非とも取り入れたいツールなので、私も時々思い出したように使っています。

 

具体的にどのようにポイントを山分けするかというと、この検索エンジンで1回検索すると山分けに1口応募したということになり、1日で最大30口まで応募できます。

その日の総山分けポイントはトップに表示されている(大体125万ポイント)ので、検索した口数と人数によって貰えるポイントは変動しますが、コツコツ続ければそこそこのポイントになるかも知れません。

 

でも、そんなに検索用語を思いつくかというと、難しいかも知れませんね。

変な単語を入力しても、応募の対象外になってしまうこともあります。

私はふと気が付いてやる時は、30口分まで一気に検索してしまうのですが、どんなキーワードを入れているのか。

今回はそれをご紹介します。

 テーマを決めれば、検索用語を入力するのは結構簡単

特に何も考えずに何かの単語を打とうとすると、あまり思い付かなかったりしますよね。

でも、沢山ツールに1口と認められる単語を入力したい…

そんな時はテーマを決めます。

ひとつの指向性を決めると、結構ぽんぽんと出てきて楽ですし、何気ない言葉で面白い記事が発見できたりするので一石二鳥ですよ。

 

例えば、私がやっているのはおにぎりの具。

(もちろん「おにぎり」という単語でも、ちゃんと1口分になります)

好きなおにぎりの具でもいいし、コンビニに並んでいるおにぎりの具を検索していくのもいいです。

単語を打っているうちに、違う料理や食べ物などを思い付いたら、それを入力してみるのもいいですね。

検索結果で出てくる記事は、多くは商品やレシピなのですが、意外と作り方やその料理の成り立ちなんかを知れたりすることもあるので、なかなか面白いですよ。

 

おにぎりの具を思いつくままに入力し続けて、もうあまり思い付かないぞとなったら…

今度はサンドイッチの具やお寿司のネタなんかを入力していきます。

そうこうしていくうちに、あっという間に30口。

まだ考え付くんだけどな~、まあ物足りないくらいで丁度いいのでしょう。

覚えていたら、また後日応募しに行けばいいんですし。

色々と応用が利きますよね

この方法、私だからおにぎりやサンドイッチの具というテーマになりましたが、バイクが好きな人はバイクのメーカーや車種、花が好きな人は花の種類や品種など、その人が好きなもの、得意な分野でできるのがいいところですね。

 

肝心の山分けポイントはまあ、この労力に対してどれくらいのものかというのはありそうですが…

(参加人数にもよりますしねぇ)

使うなら楽しく利用して、ついでにポイントも貰えるくらいでいいんじゃないでしょうか。

がっつりポイント獲得を狙っていく人は、やっぱりお買い物とかそっちの方で頑張った方がいいと思いますし…

上手く利用すれば、ちょこちょこポイント貰えてお得だね~くらいな感じで。