アラフォーでニートになりました。

アラフォーで会社を辞めさせられ、未来が見えないニートが奮闘したりしなかったりするブログです。

通り魔?川崎市登戸で無差別殺傷事件が発生-無敵の人は止められない

事件現場の写真

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190528/k10011931941000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

ここのところ刺傷、刺殺の事件の報せが入っていますが、痛ましいことですね…

始めから人が人に危害を加えようという事件の方がインパクトも大きいのでしょう、交通事故系の報道は相対的にボリュームが下がっています(報道ってそんなものなんでしょうが…)

www3.nhk.or.jp

インターネット上でも朝から各ウェブメディアが刻々と事件関連のニュースを打ち出し、50代の男性に襲われた16人のうち心肺停止状態だった小学生の女児1人が亡くなったと11時台の記事では報じられました。

犯人も身柄確保前に自殺を図っており、こちらも死亡が確認されたとのこと。

もう1名、30代の男性も心肺停止と報じられていましたが、こちらについてはこれを書いている時点ではまだ変化は報じられていません。

 子供を狙った?

事件現場の付近にはスクールバスの停留所もあり、子供たちを狙ったのではとも目されていますね…

抵抗できない子供を推そうなんてと憤りを顕わにしている方も見掛けました。

被害者の中には心肺停止の男性を含め、通行人の大人も複数いるようです。

「子供だから狙った」

というのもあるのかも知れませんが、無差別に殺すつもりなら

「バスには多くの無防備な人が乗っているから狙った」

というのもあったのかなと…

どうあれ、恐ろしいことには変わりありません。

動機や背景は一体何なのか…

犯人がどうしてこんな凶行に出てしまったのか、その理由は本人の口から聞くことは出来なくなってしまいました。

ですが、その年齢や最終的に自殺してしまったことを思うと、破滅的だな、自暴自棄になってしまっていたんだなと思わざるを得ません。

 

警察の捜査が進んで犯人の身元が分かれば、全てではなくても犯行までの背景は窺えるとは思います。

でもやっぱり、年齢や行動を見るに「無敵の人」になってしまった人だったのかな?と思い浮かべてしまいますね…

 

今までも何度か通り魔事件の報道は見てきましたが、どの犯人も大概自分が破滅的な状況だから、道行く人たちを殺して自分も死のうと思ったみたいな人ばかりだったような。

職も何もない、誰の助けも得られない、いわゆる「無敵の人」ですね。

※追記:2014年の記事ですが、こういった無差別殺傷事件の受刑者のデータのメモが掲載された「無敵の人」に関する記事がありました。

yomidr.yomiuri.co.jp

 

「死ぬなら誰も巻き込まず、ひとりで死んでくれ」

という人もいるでしょう。

そう思う気持ちは分かります。

でもこういう人ってきっと、ただ自殺するだけでは治まらない憤りや恨み・憎しみを強く抱いているんじゃないでしょうか?

 

どうしてそんな風になってしまったのか、誰がそこまで追い込んだのか。

社会の側面にある「自分さえよければいい」という空気を感じてしまうと、行為自体は許されないとしても、何がここまで犯人の男性を追い込んだのかと考えてしまうのです。

自己責任では済まされない

今の社会で脱落してしまったり苦境に立たされている人を指して、一辺倒に「自己責任だ」と言い張る人もちらほらと見掛けますが、果たしてそうなのでしょうか?

中にはほんの僅かでも助けを得られれば、生活を立て直せる人だっていたのではないかと思ってしまうんですよね。

 

「ジコセキニンダー!」と叫び続ける人は、元がどれだけ頭がよかったりしても思考停止して壊れた機械のように繰り返すだけで、なんでそうなるんだ?とも思ってしまいますが…

そういう人も、間接的に立場の弱い人たちを追い詰めて、どうにもならないところに追い込んで行ってるんじゃないかなとも感じます。

 

私だっていつそこまで行ってしまうか分からないから、余計にそう思うのかも知れませんが…

本当にどうしようもない奴がどうしようもなくなったのなら自業自得かも知れませんが、必死で生きてきたのにそれでも報われない人に対して自己責任ダー!っていうのは違うでしょう。

本当、バブル崩壊とか氷河期とかリーマンショックとか、その人だけの責任だって言えるんでしょうかね?

 

そういう冷酷で残酷なことを言える人たちが追い詰めていった人が最終的にこういう事件を起こして多くの人が死傷することになってしまっても、責任とれないでしょう?

というか自己責任論を持ち出す人がそもそも無責任なんですよね…

苦しんでいる人を前に平気でそういうことが言える人って、頭が働いていない以前に人の心がないのかな…

人の痛みが分からないのかな、挫折や失敗を味わったことがないから、理解できないのかなと思ってしまいます。

無敵の人は、これからどんどん増えていくだろう

金融庁がお金を集めておいた癖に甘えたことを言い出し、社会保障も福祉も消失しつつある日本。

何も持たず命以外に捨てるものもない「無敵の人」は、それこそ今後増えていくことでしょう。

こんな事件が全国で、日常茶飯事に起こり得る未来も、あるのかも知れません。

そうなったら、安心して生活できる環境なんてすぐに瓦解してしまいますね。

被害を受けるのは赤の他人ではなく、あなたやあなたの近しい人なのかも知れません。

抵抗し難い女性や子供たちは特に狙われ、子供や子供を産める人たちもどんどん減って日本も滅んでしまうのかも知れません。

ジコセキニンダーの方はそうなった段階でも「自己責任ダー!」と言えるのでしょうか。

 

別に「自己責任ダー!」って叫んでいる人が真っ先に襲われてくれとかは思わないので、そんなに偉い人なのならこういった事件への予防策をきちんと考えて欲しいですね。

突然無差別殺傷する人は、いざ行動を始めたらそう簡単には止められませんから…

未然に防ぐ方法があるのなら、真面目に取り組んで欲しいと、そう思います。